2019年8月9日金曜日

早川谷「寿」早川谷「寿」プロジェクトレター ミュラーさんより (KOTOBUKI Project) [No.29]

早川谷「寿プロジェクト」レター No.29
ミュラーさんより




Dear everyone in KamiHayakawa!

I hope that everyone is doing well and that the early summer heat will not cause any trouble to you. In June a Swiss based German TV company decided to make a documentary movie about the Izakaya Nozomi in Luzern, who’s owner Beni Egli visited us in April 2019. Beni visited Itoigawa with his family for a Rice, Sake and Sansai experience. He was very much impressed with the new taste that he has discovered in Itoigawa and recommended to the TV company to also include Itoigawa in the documentary movie. In July we have arranged an interview with Sake brewer Inomata-san, rice farmer Hara-san and the Sansai-collectors around Higuchi-san. Thank you very much for your kind contribution! According to the TV company, the documentary movie will be released in Switzerland in autumn this year. Needless to say that we will try to get a copy of it in order to share it with you.
In July we planned to climb Mt. Yakeyame, however, bad weather did not support this plan and we look forward to joining the local community again for the hike up Mt. Yakeyama in autumn.
Kind regards,
Rolf Muller


拝啓
上早川の皆様へ!
みなさんお元気でお過ごしのことと存じます。初夏の暑さがみなさんに迷惑をかけないことを願っています。6月、スイスを拠点とするドイツのテレビ会社が、ルツェルンの居酒屋のぞみについてのドキュメンタリー映画を製作することを決定しました。オーナーのベニ・エグリは2019年4月に家族と一緒に米・お酒・山菜体験のため糸魚川を訪れました(山菜は湯川内センターで地元の皆さんから体験させていただきました)。彼は糸魚川で発見した新しい味に非常に感銘し、ドキュメンタリー映画に糸魚川も含めるようにテレビ会社に推薦したのです。7月には、酒造業の猪又さん、稲作農家の原さん、樋口さんはじめ山菜取り名人の方々にインタビューを行いました。みなさんの親切な貢献に感謝します!テレビ会社によると、このドキュメンタリー映画は今年秋にスイスで公開されます。もちろん、あなたと共有するために、私たちはそれのコピーを入手する予定です。
7月に焼山登山を予定していましたが、悪天候のためこの計画はうまくいかず、秋の焼山登山で地域の皆様と一緒に参加することを楽しみにしています。
敬具
ロルフ・ミュラー

早川谷「寿」早川谷「寿」プロジェクトレター マービンさんより (KOTOBUKI Project) [No.29]

To my dear people of Itoigawa.

When you read this, I have already left Itoigawa and will be already working for my company in Switzerland again.
I will have met my family, which I really missed and have welcomed our newest family member, my niece Charlie, who was born two months ago. And we will have had a huge Party. Maybe I have also already met my Swiss friends again.

But then, there will be the times where I am at my apartment, in the evenings when I finished my work, said otsukaresamadeshita and good night to everyone, lying in bed and thinking back. And then, there will be tears. Because even know, whilst I am writing this, still in Itoigawa, in my room at Sasakura Onsen, the salty wet is running down my cheeks. But those tears are a present. A present from all you who I met during my time here in Itoigawa. Because it is only sad, when good things end.

In the beginning of my internship a very good friend presented me three Japanese sayings:
- ichigo ichie
- onko chishin
- setsugetsu fuuka

I tried to live every single day remembering those. And I regret nothing. It was the best time of my life. Being here always feels like being home. And there is nothing, absolutely nothing, more important to me then family and friends. The two things which are the definition of „home“ for me. And because of that I will consider the ending of my internship here as the beginning of something bigger. I will try to visit Itoigawa as often as I can and until I found a way to live here. I will continue to learn Japanese, so I can finally have the conversations with you, I wish I could have had the last five months. I want to apologize for being a burden to you and I want and have to thank you!


To the people of Itoigawa:
I have not been and will never be to a better place than Itoigawa. You folks of Itoigawa, the landscapes, the mountains, the sea, the lovely villages, the history and tradition, the food and of course the very best of all nihonshu in Japan.
Thank you for just being the best town with the best people of the world!

To Rolf Müller:
Thank you for showing me Itoigawa. Without you I wouldn’t even know about Itoigawa. The hidden jewel on this beautiful island, Japan. There is no person I liked more to work for. Otsukaresamadeshita! Mata yoroshiku onegaishimasu!

To the members of Sasakura Onsen... The people I have to cry again only by thinking about leaving you:
Thank you for having me. Not just for having me, also for growing to a family to me. Sasakura Onsen was my home for 5 months and it will ever feel like that. I am just looking forward to the day, when I enter the gates of Sasakura Onsen again and say: Tadaima!
It felt better living here, then living in my apartment in Zurich. Thank you for inviting me to gatherings, events, talking to me even it must been very exhausting, letting me work with you, caring about me. I will miss you so much!

This is no goodbye. We will meet again, and I wish you the very best!
Otsukaresamadeshita!

※以下、日本語ダイジェスト(原文省略版)

皆さんこんにちは
あなたがこれを読んだとき、私はすでに糸魚川を離れて、もうスイスの会社で働くことになっています。
私は私の家族に会うことになっていますが、それは本当に久しぶりの事ですし、2ヶ月前に生まれた私の新しい家族、姪チャーリーを歓迎することでしょう。そして、とてつもない大きなパーティーをするでしょう。
そしてその後、自分の部屋にいるときもあるだろうし、夕方に仕事を終えたときもあるだろうし、「オツカレサマデシタ」とみんなに言って、ベッドに横になって振り返ってみるのです。そして、そこには涙があるでしょう。なぜなら、私がこれを書いている間も、まだ糸魚川にいるにもかかわらず、笹倉温泉の私の部屋で、塩味のしずくが頬を伝っているからです。しかし、この涙はプレゼントです。糸魚川滞在中に会った皆さんからのプレゼントです。なぜなら、良いことが終わった時だけ悲しいからです。しかし、これは私のインターンシップが終わっただけです。私は、糸魚川をできるだけ頻繁に訪れ、ここに住む方法を見つけ、この日本の隠された宝石である糸魚川の役に立てるようになりたいと思っています。
笹倉温泉の皆様へ
私をお招きくださりありがとうございました。皆さんは私にとって家族のようになっています。笹倉温泉は5ヶ月の間、私のホームでした、そしてそれはいつまでもそう感じるでしょう。私は、また笹倉温泉の門に入って 「ただいま!」という日を本当に楽しみにしています。
チューリッヒの私のアパートに住んでいた時より、ここに住んでいた方が気分が良かったです。皆さん、私と話すのは本当に疲れたと思うのに、集まりやイベントに招待してくれて、私と話をしてくれて、一緒に仕事をしてくれて、私のことを気にかけてくれて、本当にありがとう。皆さんと会えなくなるのはとてもとても寂しいです!
またお会いしましょう。皆さんの最高の幸せを祈っています。
オツカレサマデス!

ほこんたけ通信 [hokontake No.84]

ほこんたけ通信
令和元年8月10日号
発行しました。

2019年4月12日金曜日

早川谷「寿」プロジェクトレター ~ マービンさんより~ (KOTOBUKI Project) [No.25]

Dear everyone in the Kamihayakawa area!
上早川地区の皆様へ!

Dear everyone, spring is gradually approaching and I hope that everyone in the Hayakawa valley is doing well!
皆さん、だんだん春が近づいてきましたが、お元気でお過ごしのことと思います!
Marvin from Switzerland is with us since March 2nd, helping at the Sasakura Onsen as a volunteer. Marvin would like to improve his Japanese language skills, hence, please take the opportunity to meet and talk to him.
スイス出身のマーヴィンさんが3月2日から、ボランティアとして笹倉温泉を手伝っています。マービンさんは日本語を上達させたいと思っていますので、ぜひ会って話してみてください。
Following is a first comment from him. I hope you enjoy reading it!
以下は彼からの最初のコメントであす。楽しんで読んでくださいね!
Rolf Muller
ロルフ・ミュラー
Message from Marvin

Kamihayakawa Newsletter APR2019
By Marvin Schmid

Marvin Schmid
Hello everyone! Whilst I am writing this, it has been two weeks since my arrival in Itoigawa. I never thought that it is possible to experience so much great moments in such a short time.
皆さんこんにちは!これを書いているいま、糸魚川に着いて2週間が過ぎました。こんなに短い時間でこんなに素晴らしい時を経験できるとは思いませんでした。

My stay started already with a big event. Rolf M?l-ler and I had the pleasure to greet the Swiss-Marathon-Team in Itoigawa which ran in Tokyo through the worst weather. After the delicious Ramen-Soup at the Sasakura Onsen, where the group stayed and which is my home for the next sev-eral months, we took a relaxing bath in the nice Onsen. But of course not before we got a detailed briefing by Rolf, how to do it right. Which was really needed for all of us I think.
私の滞在は早くも大きなイベントから始まりました。ミュラーさんと私は、最悪の天候の中、東京を走っていたスイス・マラソン・チームに糸魚川で会うことを楽しみにしていました。スイスマラソンチームの滞在先であり、私の数か月間の家でもある笹倉温泉で美味しいラーメンを頂いた後、素敵な温泉でゆっくりとお風呂に入りました。もちろん、ロルフさんから詳細な説明を受けてから入りましたよ。それらの説明を受けることは、私たち全員に本当に必要だったと思います。

The day after a good rest got a little busy again. But therefore we got a day loaded with the incomparable Japanese culture. First, we did a beautiful walk through the snow.
You wouldn’t have thought that they ran a marathon just two days before, because they were really fast. I had to run after my group, yelling, and force them to pause, just to pour them a warming cup of Amazake. It was really funny and abso-lutely worth it. After a delicious bento for lunch we went to the Tsukimizunoike Brewery. We were honored to get guided by Inomata Shuzou through the brewery followed by a tasting of finest Nihonshu. Even the press joined us. After drinking the delicious Nihonshu from Inomata-San we hitted the road again to visit the ongoing Sumo whilst their training. I was impressed what force those young fighters are able to muster. Keep it up!
ゆっくり休んだ次の日もまた少し忙しくなりました。しかし、結果として、その日は比類のない日本文化に満ちていた。まず、雪の中をきれいに散歩しました。
2日前にマラソンをしたとは信じられないくらい、彼らは本当に早かったです。私は彼らに温かい甘酒をふるまうために、グループの後を追いかけ、大声で叫び、休んでいてもらわなければなりませんでした。本当におもしろかったし、その価値は絶対的でした。昼食の美味しいお弁当を食べた後、月不見の池の醸造所に行きました。猪又酒造さんの案内で酒蔵の中を案内していただき、素晴らしい日本酒を味わうことができ光栄でした。マスコミも私たちに合流しました。猪又さんから美味しい日本酒いただいた後、稽古中の相撲を訪問するために出発しました。私はその若い力士たちがどれほどまでに強くなるのだろうと感銘を受けました。がんばってください!

Like the bread crumbs leaded Hansel and Gretel in a famous German fairytale, the Nihonshu and his lovers from Itoi-gawa guided me through this first two weeks. The following weekend, Inomata-Shuzou invited me to join their booth at the Sake no Jinn in Niigata. This day in Niigata together with the Tsukimizunoike Brewery was that great, I can’t even find the right words to describe it. But I’m already getting goosebumps again just writing about and remembering it.
ドイツの有名なおとぎ話で、パンくずがヘンゼルとグレーテルを導いてくれたように、この最初の二週間は、糸魚川の日本酒にかかわる諸々が、私を導いてくれました。次の週末、猪又酒造さんが新潟の酒の陣のご自分のブースに招待してくれました。月不見の池醸造所さんと過ごした新潟でのこの日は、素晴らしすぎて、それを表現するのにふさわしい言葉が見つけられません。今も、それについて書いたり思い出したりするだけで、また鳥肌が立ってきました。

A few days after the Sake-Fair, I got invited to the celebration for 5 years Cross-Kanpai-Worldrecord. This evening was awesome. In Europe one says, that Japanese people can’t drink. After this event I am sure, that those who say that, never had a blast with folks from Itoigawa. They would definitely get proven wrong. You are amazing! And that not just for your drinking abilities. But for just being great people. Thank you so much!
酒祭りの数日後、私はクロス乾杯世界記録5周年のお祝いに招待されました。この夜は最高でした。ヨーロッパでは、日本人は飲めないと言われています。このイベントの後、それを言う人たちは、糸魚川の人たちとにぎやかにパーティーをしていないに違いないと確信しました。彼らははっきりと間違っていることがわかるでしょう。みなさんは素敵です!お酒が強いということだけでなく、素晴らしい人々であるからです。どうもありがとうございます!

2019年4月10日水曜日

ほこんたけ通信 [hokontake No.76]

タイトル写真は、見ての通りです。
平成31年4月10日号(第76号)を発行しました。
「ふきのとう」と「つくしんぼ」
根知辺りでは、
「ちゃんまいろ」って言ってますね。
ところで新しい元号が発表されましたね。
「令和」れいわ…書いてみたら令って難しいですね~。
なかなか、形にならない(;^ω^)
早く慣れましょ~。
さて、第76号の内容は、
「上早川びと」は、霜越哲子さん65歳
「はらくちい通信」は、カフェつくる、スープデイ最終回、西山昼食会
「歴史と伝説」は、海は広い!
「寿プロジェクトレター」は
マービンさんの近況報告(スイスランナーと日本酒)
などです。
段落
みなさん!ご意見、ご要望、ご提案を
是非お聞かせくださいね~(^^)
~上早川地区 地域づくりプラン実行委員会 情報発信班~
連絡先
上早川地区公民館内
025-559-2002
kamiko@bz04.plala.or.jp

2019年3月25日月曜日

ほこんたけ通信 [hokontake No.75]


平成31年3月25日号(第75号)を発行しました。
タイトル写真は、
除雪機とトラクター
冬から春
というところですね。
それとも
除雪しながら
田起こし
でしょうか(;^ω^)

さて、第75号の内容は、
「振興会だより」は予算総会のこと
「東中学校」「下早川小学校」は卒業シーズン
活動班の「道ひとすじ」
集落支援員の森さんからご挨拶(T_T)
などです。
みなさん!ご意見、ご要望、ご提案を
是非お聞かせくださいね~(^^)
~上早川地区 地域づくりプラン実行委員会 情報発信班~
連絡先
上早川地区公民館内
025-559-2002
kamiko@bz04.plala.or.jp

2019年3月21日木曜日

ほこが岳の下あたりに行ってきました。


寒谷集落には
大知川(おおちがわ)
という川があります。
鉾が岳から流れてくる
川です。
昔々、災害があり
護岸が石積
河床がコンクリートで
三面張りの小さい川です。
とっても魚など
いるように見えない川です。
災害前は
カジカなどいたようですが…。

そんな大知川には
土砂災害から集落や田んぼを守るため
4基の砂防えん堤があります。
数年前できた
第4えん堤が
今どきのスリットダムで
そのスリットが詰まっている
とのことで
写真を撮りに行ってきました。

朝から雨。
小雨なので合羽を着て…
当然、雪道を歩く。
かんじき無しで…
埋まることなくスイスイ…
ただ、
運動不足にはちょっと
きつかったかな(´・ω・`)

予定通り
写真を撮って
無事、
戻ってきました。

無事でもないんですが
ここだけという事で
困ったことに
目的地に着いたとたん
お腹の調子が
悪くなり(T_T)
我慢できず…
緊急処置を…
紙が無い…
色々考える…
手?雪?…
あ!(^o^)
A4の紙が1枚あった
4等分して
くしゃくしゃと
柔らかく!
なんとか処理完了。
ポケットテッシュは
もちあるこ~!
でした。

 おしまい
(ひ)


2019年3月12日火曜日

みらいづくり交流会2019


糸魚川地区公民館で3/3()午後からみらいづくり交流会」があり上早川地域づくりプランで参加してきました。
第1部と第2部に分かれていて

第1部は「地域づくり自慢」

各補助事業を活用した事例発表で4組の取り組みが発表されました。
●最初は、まちづくりパワーアップ事業を活用した糸魚川アマチュア無線クラブ
「アマチュア無線によるヒスイ国石PR活動」
●若者の力による地域活性化事業を活用したOTOBAMA
「音楽を軸に新たな文化の発信!」
●地域づくり活動支援事業では
能生地区まちづくり推進協議会「地域づくりプランをもとにまちづくりの事業推進」
根知未来会議から「胸を張って、ずっと暮らし続けられる根知」
が発表されました。

発表が終わったら質問回答タイムです。各テーブルに企画運営側のまとめ役が付きそれぞれの発表に対し参加者が質問したいことを付せん紙に書き出します。それをまとめ中央に持ち出し司会者がピックアップして発表者に質問していくという手法でした。

○世代交代について

OTO…意識しているが行動はまだ。
アマ…市民・子供向けにラジオを作るなど講習会を行っている。
能生…活動して2年なので計画をこなすのが手一杯。必要性は感じているので方策を考えながら事業を進める。小・中学生に参加させ楽しいなと思わせる。
根知…40歳代が今は中心となっている。30歳代に一端を担ってもらう。また、そんな世代が集まれる場所をつくる。

○地域活動に女性を取り込む

根知…女性が多い、キャンドルロードのメンバーが頑張っている。女性の方男性よりが実行が早い。
能生…とにかくお願いして集まってもらっているのが現状。

○人を動かす、お願いするなど巻き込むことは課題。何のためにやっているのかブレない目標やビジョンが必要

OTO…10年継続してきた。言い換えればズルズルやってきたが、地域と密着できるイベントを目標にしている。音楽選びが課題。
アマ…一人で出来る趣味をクラブ活動として行っている。目標をもって活動できるようにしたい。
能生…「住んでいてよかった、これからも住み続けたいふるさと能生の実現」に向かって推進中。ニーズにこたえられるようにしたい。
根知…「胸を張って、ずっと暮らし続けられる根知」義務感ではなく、楽しんで出来る活動、笑顔だけではなく達成感が感動につながる。

第2部は、「地域ドラフト会議」

あらかじめAHの8グループに分けられていて団体参加者はそれぞれに分散されていました。
そのグループで地域課題をつくり、解決策を模索し、解決アイデアを出していく。まとめ役は制限時間内に各ステップを進め結果へと導き出し、そのグループの発表を行います。発表のあとに参加者全員が投票、割り箸1膳、割って2本が持ち点。一番多かったグループには糸魚川得本(クーポンブック)が進呈されるという流れで進められました。

私が入ったグループは、過疎化地区と人口が多い地区に分かれてしまい共通点が見いだせず課題づくりから難航し、なかなかまとまりませんでした。そのためかどうかわかりませんが、得点が伸びませんでした。
時間通り17:10までびっしりと交流会が行われました。さて第3部の交流会はあったのでしょうか(^o^) 








  ピンボケすみません<m(__)m>
(ひ)



2019年3月10日日曜日

ジオパーク現地学習会~街歩き~


恒例の
上早川地区公民館主催
「ジオパーク現地学習会」
2019年3月9日(土)に
ありました。

今回は、
糸魚川駅北大火で
復興作業中の
街並みを歩きました。
20名ほどの参加者で
ほぼ女性でした。
当日は快晴。
とっても良い天気でした。
まだ冬なので、
日陰はちょっと寒さを感じましたが
街歩きには
ちょうど
良かったのではないでしょうか
(^-^)

最初は加賀野井酒造から。
そして街歩き。
昼食は「金七」で頂き、
その後は、
御風宅・旧高野写真館を
見学しました。
のんびりとした一日を過ごせました
(^^)/

(ひ)

2019年3月8日金曜日

ほこんたけ通信 [hokontake No.74]


平成31年3月10日号(第74号)を発行しました。
タイトル写真は、
右側が鉾が岳です。
頂上は見えません。
夕日に染まっている「ほこんたけ」
北山に行く途中の市道からの撮影でしょうかね
元写真は👇こんな感じ

さて、第74号の内容は、
「上早川びと」大島和美さん86歳
「各集落でそば打ち」
「歴史と伝説」は土塩は海ではなかった。
「はらくちい通信」はリノベーションスクール、
にぎわい創出広場のこと。
最後のスープデイの告知。
「寿プロジェクトレター」はインターシップのマービンさんのお手紙

みなさん!ご意見、ご要望、ご提案を
是非お聞かせくださいね~(^^)
~上早川地区 地域づくりプラン実行委員会 情報発信班~
連絡先
上早川地区公民館内
025-559-2002
kamiko@bz04.plala.or.jp