2015年10月23日金曜日

早川縦断駅伝大会ありました。~第38回

第1回大会が、
昭和53年15チームの参加で、
4区間で競われ
主催が有志同好会であったと
お聞きしております。
第6回(昭和58年)からは、
主催も上・下公民館となり、
20回を数え、
35チームの参加で盛況でありましたことは、
誠に意義深いものであります。
(早川縦断駅伝大会20周年記念誌より)




へ~そうなんだ!
そして、平成27年10月18日


38回を迎えた早川縦断駅伝。
27チームの選手が
秋晴れの中、7区間全23.4kmを走破しました。


〇こちら上公中継所の
点呼・順位係です。
1区選手集合状況。

845分、1区上公から下公の点呼開始しました。
この名簿小さい文字だ!老眼には厳しいぞ。

「ゼッケン1番、こしふんごむかい…」



16番とうかいドローン」
”おーい違うぞ~!”の声
しまった(;^ω^)

「ゼッケン17番、いや・・・はい。東海(ひがしうみ)」
なぜか笑いがこみ上げてくる。

「ゼッケン20番、月不見の池白山会」
お~い!酒屋さんじゃないぞ~
まっ、いいんじゃない

「21番、新町はいてませんよ」
もう、気持ちはわっはっはだよん(*'▽')

間違えを指摘されながら、
個性的なチーム名に
笑いを堪えながらの点呼、終了しました。

9時40分
次は5区上公から大平区間の
選手点呼
今度は間違えないように・・・。
あ~!また、同じ間違え(/_;)

無事、点呼終了。

次は順位係。
4区の選手を迎えます。
先方の女子中学生から
選手接近の無線が届きます。
「ゼッケン24番きました♥。」

冷やかしが入ります。
いいねえ、女の子と話せて、
くれぐれも電話番号など聞かないように‼

協議前に
2人の女子中学生が話しています。
「4区が通過したらアンカーの7区選手を迎えるんだね。
時間的に全員通過前にトップの選手がゴールするかも、
じゃあ私は走って移動する。」

という声が聴こえます。
いいね~考えているね~。
すばらしい。

中学生の真面目感が伝わります。

残念ながら最後の選手
タスキが渡せませんでした。
繰り上げスタート。

記録係、時計係二手に分かれます。

トップの7区の最終ランナーを迎えます。

ゴールテープないぞ!の声・・・。
間に合わず。ゴールのピストルの音。
そして、最後のランナーがゴール。
沿道の皆さん拍手で迎えます。



ということで
あなたも役員で
参加してみませんか?
役員募集の告知でした~(^^)/
出てるね。

この時期が近づくと
夜練習のランナーが後送車のライトをたよりに
県道を練習してます。
なんだかじゃまだな~と思いながら追い越す。

当日はというと
早川一番の交通量
うん~どうなんかな~!
事故が無いようにはしりましょ~!
('ω')

スライドショー作ってみました。
試しにアップしてみます。
video

☆彡

0 件のコメント:

コメントを投稿